興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言っても言い過ぎではありません。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな似たような仕事をしています。

でも、違いをあげるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人は探偵に頼るようです。

探偵が行う浮気調査でも失敗したりするようです。探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗することがごく稀にあります。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠を入手しようがないです。

事前に成功報酬と言われていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間あったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功として扱われてしまいます。

実際には浮気していたとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査は完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

探偵に頼んで浮気の証拠が掴めます。相手の様子が浮気を想わせた場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。

でも、浮気の証拠を自分だけで集めようと思っても、相手に見つかるという可能性は低くないでしょう。

その原因ははっきりしており、相手があなたの顔を知っているからです。

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士がいいでしょう。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するようにしましょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にいけません。

浮気調査に対して探偵に払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。

時間給は、人数×時間で費用を算出します。調査にかかる期間が短くて済めば請求額も少額となります。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、それだけ調査費用が節約できるわけです。

しかし、浮気をしている日時がわかっていたとしても、知人に相談して証拠を撮ってきてもらうにしても、骨折り損になることは確実です。

Comments are closed.